stock3000と4500の難易度は〇〇大学レベル。音声とアプリの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい入試の英語に対応している、関正夫先生が手掛ける英単語帳「英単語Stock」。

TEAPや英検といった4技能試験にも対応できるよう、スピーキングやライティング、リスニングに向けた勉強もできるようになっています。

そしてレイアウトがとてもきれいなので、勉強が苦手な人でも、楽しく勉強できるのが大きな特徴ですね。

また「暗記するポイント」も記載されているの、1つ1つの単語を記憶に定着させることができますから、暗記に苦手意識がある人にもぴったり。

そんな英単語Stockの「レベル」「音声・アプリの使い方」の2点を、詳しく解説していきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英単語Stockのレベル

英単語Stock3000は基礎~共通テストレベル

大学入試に向けた本格的な英単語帳の1冊目として、とてもおすすめです。

基礎的な単語だけでなく、共通テストにも対応できるくらいの単語を覚えられますから、成績をしっかりと伸ばせるでしょう。

偏差値でいえば50前半~中盤くらいまでは見えてきます。

共通テストで8割以上を狙う、MARCHで合格点を目指すとなると、単語の数もレベルも足りない部分が出てきます。

 

英単語Stock4500は共通テスト~MARCH合格・早慶入門レベル

大学入試の標準的な英単語が多く収録されていて、全てきちんと覚えれば、英語を得意科目に出来るでしょう。

偏差値でいえば60以上が見えてきます。

Stock4500まで覚えればMARCHレベルであれば合格点が狙えるようになりますが、早稲田や慶應、東大・京大となるとまだ足りない部分も出てきます。

 

英単語Stock4500は3000の上に積み重ねるものですから、まずは3000を完ぺきに固めることに注力してください。

そして3000に取り組むか、4500から始めてしまうか、迷ったら3000から進めましょう。

基礎的な英単語を固めたうえで、難しい単語を追加していかないと、成績は伸びていきません。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英単語Stockのアプリと音声の使い方

「英単語アプリmikan」というアプリの中で、英単語Stockを勉強することができます。

手軽に英単語テストができるようになっているので、スキマ時間にぜひ活用してみてください。

ただテストは4択形式なので、うろ覚えでも答えられてしまいますから、あくまで補助的なツールとして使うのが良いでしょう。

 

音声は文英堂の公式サイトから、無料でダウンロードできるようになっていてます。

「Stock 音声 文英堂」などと検索していただければ、すぐに見つかります。

音声を聴いて音読しながら英単語を覚えていくと、その英単語の発音をマスターできますし、単語を聴きとれるようになります。

単語の暗記の際に音読を取り入れることで、スピーキングやリスニングの対策にもなるという事です。

TEAPや英検の対策にもちろん、共通テストのリスニングに向けても、音声の聞き取りと音読には取り組むことをオススメします。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら