英語の動詞の語法の勉強法と覚え方【完全版】覚えられない人を救います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学入試に向けて勉強をある程度進めていると、「語法」にぶつかります。

最初は意識していないことが多いですが、この語法が大学入試で頻出であることに気づき、つまずく人がたくさんいらっしゃいます。

例えばこういったものが、有名な動詞の語法です。

 

『lie』横になる

lie-lay-lain

『lay』~を横にする、置く

lay-laid-laid

 

覚えたつもりだけれど、いざ問題として出てくると「どれだっけ・・・」となってしまいがち。

私が受験生の時も、語法には苦労した経験があります。

ではどうすれば語法を、しっかりと覚えられるのか。

そしてどんな勉強法で語法に取り組めば良いのか、詳しく解説していきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

語法の学習におすすめの参考書

まず語法を学ぶにあたり、基本となる英文法はしっかりと理解しておく必要があります。

文や語彙のルールをしっかりと覚えて、そのルールを軸に、語法を暗記していくという流れです。

語法を丸暗記しようとするのではなく、英文法のルールの中で覚えていかなければいけません。

「大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】」や「肘井のゼロから英文法」といった、英文法を詳しく解説してくれる参考書をまずは勉強しましょう。

 

語法を本格的に勉強する際には、スクランブル、VintageやNextstageといった、英文法の問題集がおすすめ。

語法の問題を解けるだけでなく、重要な語法の内容がまとめられています。

赤シートで隠しながら覚えられるようになっていますので、ぜひ活用してください。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英語の動詞の語法の覚え方のコツ

Vintageなど問題集の中で語法を覚えていくわけですが、全ての語法を一気に覚えようとしても、頭に入りませんし、本質的な内容が理解できない可能性があります。

呪文のように唱えて、意味が分からないまま覚えてしまう人が多いですね。

理解して暗記ができる部分に関してはそれは問題ないのですが、覚えられない部分は工夫が必要です。

 

例文の中で動詞の使い方をしっかりと学び、どのような活用になっているかを確認しましょう。

インターネットで該当の動詞を検索すると、辞書が出てきて、そこに例文が記載されています。

そちらを何度も読んで、英文の中での使い方を学ぶと、入試につながる形で暗記できます。

音声を聴くことができれば、例文を何度も聞いて、音読して定着させていくのがベストです。

 

特に苦手な語法については、スマホや暗記カードにまとめておきましょう。

覚えづらいものは1回で覚えようとせずに、1日10秒でも良いので毎日触れて、自然と記憶に定着させていくことが最も効果的です。

1回で覚えられないのは当然であり、何周も繰り返していけば、いやでも記憶に叩き込まれています。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら