ビンテージ英語のレベルと、いつからやるか。ノートの使い方を伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NextStageやスクランブル、アップグレードなどと同じ形式の、英文法の総合問題集として有名なVintage。

英文法だけでなく語法やイディオム、会話表現なんかも演習できるようになっています。

英文法の問題集は種類が多すぎて、「どれくらいのレベルですか?」というご質問が、本当によく届きます。

そして「いつからやるべきですか?」「使い方が分かりません・・・」といったご相談もとても多いです。

そこで講師歴10年以上の私が、「Vintageのレベル」「いつから取り組むべきか」「ノートを活用した使い方」の3点を、詳しく解説していきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

ヴィンテージのレベル

ビンテージは数多くある英文法の問題集の中でも、難易度は高い部類に入ります。

スクランブルと同じくらいの難易度で、NextStageやパワーステージよりもワンランク高いです。

偏差値が50後半から60前半になってから取り組んだ方が、効果的な演習ができるでしょう。

1冊目の英文法の問題集として、英語が苦手な人でもヴィンテージに取り組んでいるケースをよく見かけますが、あまりお勧めできません。

この手の問題集は解説があまり詳しくないですから、解説を読んでも分からず、挫折してしまう人が多いですからね。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

ビンテージはいつからやる?

取り組む時期としては、受験する年の夏ごろが丁度良いと思います。

難易度が比較的高い問題集なので、それまでは徹底的に基礎固めに取り組みましょう。

ビンテージよりも易しい問題集として、Engage(エンゲージ)も出版されています。

こちらは1冊目の英文法の問題集としてとてもおすすめなので、まずはこちらを固めていき、受験する年の夏にビンテージで総仕上げという流れをお勧めします。

早く難しい問題集に取り組んだからと言って、それだけで有利になるわけではありません。

夏ごろにVintageに取り組んでも時期としては十分間に合いますし、それまでに基礎を固められているかどうか、こちらの方がずっと大切です。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

ビンテージの使い方はノートがカギ

ヴィンテージを勉強する際に大切なのは、「ミスをした問題に印をつける」こと。

1000問以上の問題数がありますから、全ての問題を完ぺきにミスなく解けるようにするためには、ミスをした問題にチェックをつけて、何回も解きなおさなければいけません。

そして「なぜミスをしてしまったのか」を分析して、この部分をノートに書き出していきましょう。

重要な知識や単語などがあれば、それらもまとめていき、暗記してください。

 

これから入試に向けて英文法の問題を解いて、ミスをした問題があったら、どんどんこのノートに追加していきましょう。

入試まで1題でも多くの問題を解き、ミスした問題を復習し、新たな知識を吸収することで、対応できる範囲がどんどん広がっていきます。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら