MARCHの英語の難易度の解説。最強勉強法と黄金参考書ルートを伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私立大学を目指して勉強を進めるのであれば、かなり多くの人がMARCHを視野に入れることでしょう。

私が受験生の時も私大専願でしたから、現役の時はMARCHを志望校として勉強に取り組みました。

そして浪人してからは早稲田大学が志望校になりましたが、MARCHは併願校として、何とか死守したいとかなり強く意識するラインでした。

 

私自身は現役でMARCHを目指して全落ちしてしまい、そこから1年の浪人を経て受験したMARCHは全て合格し、早稲田大学に進学しました。

落ちた現役時代も、合格した浪人時代もカギは配点が高い「英語」でした。

この経験から「実際に受験をして体感したMARCHの英語の難易度」と、「合格のために実践した参考書ルート」を公開していきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

MARCHの英語の難易度

MARCHの英語の難易度ですが、当然ですが日東駒専と早慶の間というレベルでした。

日東駒専の英語は、基礎・基本の勉強をしっかりとしていると、その知識がそのまま問われるので、少しくらいうろ覚えでも正解できます。

一方で早慶は難しい知識まで完璧に固めたうえで、1つ1つの問題に対して頭をひねって、消去法も駆使しながらなんとか正解を導き出すことが必要です。

MARCHは丁度その中間で、「標準レベルの知識を記憶に定着させておけば、すんなり回答できる問題もたくさんある。ただ頭を少しひねらないと答えられない問題も出題される。」という印象。

 

早慶の英語で合格点を取れるようになると、「MARCHの英語は本当に素直で、勉強した内容をそのままアウトプットするだけでOKだな」という感覚になります。

ただやはり日東駒専と比べると明らかに難易度は高く、基礎~標準レベルの知識がしっかりと定着していないと、合格点を取ることは難しいです。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

MARCHは英語長文が難しい

日東駒専とMARCHの大きな壁は、「英語長文」にあります。

日東駒専の英語長文は共通テストと同等か、やや易しいくらいで、「長文の読解法」が確立できていなくても、ある程度は読めるんですね。

左から右へなんとなく英文を読み進め、単語や文法の知識を活用していくと、それだけで理解ができて合格点を取れる人も少なくありません。

 

しかしMARCHレベルになると英語長文は文章量もかなり増え、難易度も上がり、そう簡単に理解することができなくなります。

私が現役時代に、MARCHを10個ほど受験して全て落ちてしまった原因も、英語長文が攻略できなかったことにありました。

英語長文は配点がものすごく高いので攻略が必須で、「日東駒専とMARCHの英語長文の壁」を乗り越えるために、難しい英語長文を読み解けるようにしなければいけません。

早慶や国公立の難しい英語長文を、1か月でスラスラ読むワザはこちら

 

MARCH合格の参考書ルート

あくまで、私がMARCHに合格した時に活用した英語の参考書です。

 

英単語・英熟語帳

英単語帳は「システム英単語Basic」のみ。

英熟語帳は「速読英熟語」のみ。

単語と熟語に関してはこの2冊を終えた時点で、MARCHの英語で8割を取れるようになっていました。

MARCHの英語では難しい英単語や英熟語は当然出てくるわけですが、全問正解できなければいけないわけではないですから、まずは合格点を取るための最短ルートを進んでいきましょう。

難しい英単語は得点につながりにくく、合否にも影響が弱いですし、何より基礎~標準レベルの語彙が固まらない限りは、MARCH合格は見えてきません。

 

英文法の参考書・問題集

英文法の参考書は「深めて解ける英文法」でインプットして、「NextStage」でアウトプット。

この2冊だけでMARCHの英文法は、8割を切ることは無くなりました。

色々な参考書や問題集に手を出している人が多いですが、とにかく必要最低限のものを完ぺきに固めることが大切です。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英語長文の参考書・問題集

英語長文レベル別問題集3,4や英語長文ハイパートレーニング2、やっておきたい英語長文300、500といった有名どころの問題集に取り組みました。

高校受験レベルからスタートして、1冊ずつレベルを上げていき、MARCHクラスの長文がスラスラ読めるようになったら、MARCHの過去問でも8割以上取れるようになっていました。

いきなりMARCHクラスの長文の問題集からスタートする人も多いですが、まず取り組む問題集の長文が読めない状態では、正しく演習することができません。

1冊ずつレベルを上げていって、徐々に読める長文のレベルを上げ、文章量を増やしていくことが大切です。

あくまで目安にはなりますが、「100題」の長文を読み解いて、じっくりと復習すれば、MARCH合格点が見えてくるでしょう。

これくらいしっかりとトレーニングをして、自分の長文の読解法を確立しておかないと、MARCHの長文の壁を乗り越えることはできません。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

MARCHの英語のレベルと勉強法まとめ

MARCHの英語の難易度は「日東駒専とMARCHの中間程度で、基礎~標準レベルの知識の定着させ、ある程度複雑な長文を読む力を身につける」ことができれば、合格点を取ることができます。

英単語帳、英熟語帳、文法、長文の参考書・問題集、どれも何冊も手を出す必要はないですから、必要最低限のものを完ぺきに固めて、まずは合格点ギリギリを目指してください。