シス単プレミアムの違いって?通常のシステム英単語との違いは語源

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学入試向けの英単語帳として、システム英単語は超有名ですが、「システム英単語Premium」という英単語帳も出版されています。

システム英単語が有名なだけに、プレミアムってどんなものだろうって、気になりますよね。

ここでは「システム英単語プレミアムと通常のシス単の違い」を詳しく解説していきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

システム英単語プレミアムとは

システム英単語プレミアムは、丸暗記ではなく「語源を理解して覚える」ことをテーマにした英単語帳。

通常のシステム英単語は、ミニマルフレーズとその訳で覚える形式で、レベルごとに英単語が分かれています。

システム英単語プレミアムは、レベルごとではなく「語源ごと」に分かれているので、同じ分類の単語をまとめて覚えることができます。

関連語をまとめて覚えることで、1つ1つが連携して、忘れにくくなるという事ですね。

鉄壁も語源ごとでまとめて覚えられる英単語帳で、その点では似ている部分もあります。

 

一方で通常のシス単にあるミニマルフレーズは無いので、フレーズで覚えるのが好きという人には向いていないと言えるでしょう。

ミニマルフレーズは短いフレーズで英単語の使い方を学べて、すごく便利なので、プレミアムにも欲しい特徴でした。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

システム英単語プレミアムのレベル

通常のシステム英単語よりもワンランク難易度が高く、難しい英単語も多く収録されています。

受験ではあまり登場しないような英単語も出てくるので、プラスアルファの勉強として取り組むのがベスト。

例えば通常のシステム英単語や鉄壁を終えて過去問演習に入って、もう少し難しい英単語を追加したいとなったら、シス単プレミアムを勉強すると良いでしょう。

マストで勉強しなければいけない英単語帳ではないので、あくまで余裕があったら追加するという流れですね。

 

過去問演習に入って英単語でつまずいたら、その単語がシステム英単語プレミアムにどれくらい載っているか確認してみましょう。

それなりの頻度で登場するようであれば、システム英単語プレミアムを覚えれば、英単語が強化されて得点のアップが見込めます。

一方でシスタンプレミアムに載っていない場合は、「推測」を求められていますので、英単語を求めるよりも、長文の読解力を上げていくことが大切です。

受験は限られた勉強の期間で最大限に成績を伸ばさなければいけませんから、自分にとって何が必要かを常に分析して、スケジュールを立てていきましょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら