未分類

世界一わかりやすい英文法語法の特別講座の「違い」とレベル・やり方

超有名な英語講師の関正夫先生が手掛ける、「世界一わかりやすい英文法語法の特別講座」。

英文法の参考書・問題集は本当に様々で、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。

同じタイプの参考書や問題集を、何冊もお持ちの方もよく見かけます。

ここでは「世界一わかりやすい英文法語法の特別講座の他の参考書との違い」「参考書のレベル」、そして「効果的に成績を伸ばす使い方」を解説していきます。

10年以上も講師として指導をし続けている私が、参考書の中身を見ながらお伝えしていきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

世界一わかりやすい英文法語法の特別講座の違い

有名なネクステージ(NextStage)やスクランブル、Vintageなどとの大きな違いはその構成。

ネクステやヴィンテージなどは、「問題集」としてガンガン問題を解いていく形式。

問題数が多いからこそ、解説はさほど詳しくありません。

 

一方で「世界一わかりやすい英文法語法の特別講座」は、問題を何題か解く中で、文法の重要な要素を学んでいく形式。

解説が詳しい一方で、問題数はさほど多くないです。

どちらが良いという事ではなく、目的や構成が異なります。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

世界一わかりやすい英文法語法の特別講座のレベル

レベルとしては基礎~日東駒専や、MARCH入門程度。

英文法の基礎から、中級レベルほどの難易度になっています。

例題を解きながら取り組む形式なので、最低限の基礎は固めてから取り組みましょう。

 

問題数があまり多くないので、到達レベルとしてはさほど高くありません。

土台をしっかりと固めて、ネクステなどのボリュームの多い問題集への架け橋としていきましょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

世界一わかりやすい英文法語法の特別講座の使い方

まずは例題を解いたうえで、解説をじっくりと読みましょう。

その問題の理解はもちろんですが、「重要な文法事項を吸収する」という意識がとても大切です。

重要なポイントはノートにまとめるなど、文法そのものの理解が深まるように取り組んでください。

また解説の暗記事項をしっかりと暗記していくことで、知識を広げていくようにしましょう。

 

世界一わかりやすい英文法語法の特別講座の次

世界一わかりやすい英文法語法の特別講座が終わったら、本格的な問題集へと進んでいきます。

レベルとしては「NextStage」が丁度良いですね。

ネクステまでしっかりと取り組めば、MARCHレベルでは十分に合格点を確保できるようになります。

それ以上の大学を目指す人は、Vintageやスクランブルに飛び級しても良いですが、理解が追い付かなそうであれば、NextStageを挟むことをオススメします。

 

世界一わかりやすい英文法語法の特別講座で学んだことを土台に、1題でも多くの文法問題に取り組んで、自分が知らない知識をインプットしていきましょう。

入試本番には「もう文法問題は、何が来ても大丈夫!」と言えるくらいまで、徹底的にやりこんでください。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

Bricks(ブリックス)単語帳12のレベルは〇〇大学。口コミを塾講師が語る

システム英単語や速読英単語と比較すると、マイナーな英単語帳である「ブリックス」。

学校で配られることもある英単語帳で、Amazonでの評価も高いです。

ややマイナーであるがゆえに、どれくらいのレベルなのか、そして質の高い英単語帳なのか、迷ってしまう人も多い事でしょう。

指導歴10年以上の私が、「英単語帳Bricks、1と2のそれぞれのレベル」「実際に中身を見た口コミ」をお伝えしていきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英単語帳Bricksのレベル

英単語帳ブリックスは1と2に分かれています。

ブリックス1は偏差値でいえば60以上、共通テストで高得点、MARCHでも合格点を狙えるレベル。

レベル1というと易しい英単語帳に感じるかもしれませんが、到達レベルはとても高いです。

難関大学を目指す人でなければ、ブリックス1だけで十分、合格点を狙えるようになるでしょう。

 

ブリックス2は偏差値でいえば65以上、早慶や東大・京大でも合格点を狙えるレベル。

大学入試に向けて勉強するのであれば、最難関クラスの英単語までカバーすることができます。

いきなりブリックス2から取り組むのではなく、まずは1でしっかりと重要な単語を固めてからの方がベター。

頻出の英単語はブリックス1の方に多く収録されていますから、こちらを固めてから、応用単語に進むという流れです。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英単語帳ブリックスの口コミ

中身を見て一番に感じたのが、「レイアウトが見やすい」ということ。

イラストも描かれていますし、見開きで簡潔にまとまっていて、スムーズに暗記に取り組めます。

赤字の重要な訳は赤シートで隠せるようになっていますから、効率的に進められます。

音声もスマホアプリ(いいずなボイス)から無料でダウンロードできるので、スピーキングやリスニングにも効果的。

「特別な特徴は特にない」というのが正直なところではありますが、クセはないのでどんな人にでもフィットするでしょう。

 

ひとまず書店に足を運んで中身を見るか、もしくはインターネットで画像検索をしてみてください。

そうすればどんな感じの英単語帳なのかわかりますから、自分に合っていると思ったら買ってみましょう。

英単語帳は「レベル」と「自分の好みに合うか」の2点がとても大切なので、しっかりと中身を確認してから選ぶことをオススメします。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英単語帳ブリックスのデメリット

英単語帳ブリックスのデメリットを挙げるとすれば、「1語1訳しか赤字の訳が無い」こと。

システム英単語などは1語につき、重要な訳が複数、赤字で印字されていて赤シートで隠せます。

一方でブリックスは基本的に、1語1訳しか隠せず、その他の訳は黒字で印字されています。

 

大学入試では1単語1訳では足りないケースもありますし、多義語は頻出です。

まずは1語1訳を赤シートで隠して暗記して、黒字の訳はそのあとにしっかりと覚えるようにしてください。

黒字だともちろん赤シートでは隠れませんから、厚紙を使うなどして工夫しましょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

Engage/エンゲージ(英文法の参考書)のレベルをネクステージと比較します

Engageという英文法の問題集、Vintageやネクステージと比較するとマイナーではありますが、とてもおすすめです。

Vintageと名前も似ていて、同じ出版社から出版されている、「姉妹本」という位置づけ。

パッと見はVintageやNextStageなどと同じく、英文法の問題がたくさん掲載されている問題集ですよね。

大学入試向けの英文法の問題集はたくさんありますが、Engageは何が違うのか、徹底的に解説していきます。

「Engageのレベル」をネクステージなどと比較しながら、お伝えしていきましょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

Engageのレべル

Engageは大学入試向けの英文法の問題集の中でも、最も易しい部類に入るのが一番の特徴。

大学入試の基礎的な英文法の問題を、たくさん解けるようになっています。

大学入試では基礎問題の出題もかなり多いので、Engageをしっかりと固めていけば、英文法の偏差値でいえば50後半ほどまでは狙えるようになるでしょう。

基礎的な参考書ではありますが、大学入試において本当に大切な部分を固められますから、ぜひ取り組んでみてください。

 

いきなりVintageに取り組んでいる人も多いですが、Vintageは2ランクほど上の問題集で上級者向け。

英文法が苦手な人が取り組んでも、「理解したつもり」で終わってしまう可能性が高いです。

英文法の問題集のレベルをしっかりと把握したうえで、必要な問題集に取り組みましょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

Engageとネクステージの違い

Engageは初級者向けの問題集に対して、ネクステージは中級者向け。

そしてEngageは初級者向けなので、やや解説が詳しいという特徴があります。

一方で問題数はネクステージの方が、500問ほど多くなっています。

英文法に苦手意識がある人や、基礎をしっかりと固めたい人は、Engageに取り組むと良いでしょう。

ネクステージの方が圧倒的に知名度は高いので、ネクステージに飛びつく人が多いですが、レベルや目的を理解したうえで判断してください。

実際に書店に足を運んで中身を見て、自分に合う方を選ぶのがベストですね。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

Engageが終わったら次は

Engageは初級者向けの問題集なので、こちらを固めたらもう1冊、レベルの高い問題集へ進むことをオススメします。

姉妹書のVintageでも良いですし、スクランブルや英頻1000などもおすすめ。

これらで仮定法や比較など、各分野をしっかりと固めてから、さらにランダム形式の問題集へステップアップするのが最強のルートです。

「英文法ファイナル問題集」や「竹岡の英文法・語法ULTIMATE究極の600題」などが有名。

Engageを1冊目の問題集としてしっかりと固めて、そこから徐々にレベルを上げて、志望校合格を目指していきましょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

解体英熟語はいつからやるべきか解説。レベルは〇〇大学

速読英熟語や英熟語ターゲットより、やや知名度が低い英熟語帳「解体英熟語」。

他の英熟語帳と比較して、特徴的なのはその分厚さ。

英熟語帳とは思えないほど分厚く、とてもボリュームが多いことで有名です。

そして丸暗記式ではなく、問題形式で覚えていく形になるので、試験の得点にもつながりやすいです。

入試で英熟語は本当によく問われますから、問題形式で学べるのはとても効果的。

 

そんな解体英熟語の「レベル」「いつから取り組むべきか」について、指導歴10年以上の私が詳しく解説していきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

解体英熟語のレベル

解体英熟語は大学入試向けの英熟語帳の中では、かなりレベルが高い部類に入ります。

東大や京大、早稲田・慶應、上智といった難関大学で、英熟語でアドバンテージを持って入試に挑みたい人向け。

難関大学であっても、英熟語を武器にできるレベルまで目指せるからこそ、かなり分厚い英熟語帳になっています。

 

とはいえ基礎的な英熟語もある程度は収録されていて、難関の英熟語だけを収録しているというよりは、かなり幅広く英熟語を網羅しているというイメージ。

基礎的な英熟語が足りないという事はありませんので、安心して取り組んでください。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

解体英熟語はいつからやる?

解体英熟語に取り組む時期としては、受験期の夏ごろをオススメしております。

というのも解体英熟語に取り組む前に、別の英熟語帳で基礎・基本の英熟語をガッチリと固めた方が良いと考えているからです。

解体英熟語には基礎的な英熟語も収録はされているのですが、出現頻度別に分かれてはいません。

ですから出題頻度の低い英熟語も含めて、大量の英熟語を、1つ1つコツコツ覚えていかなければいけないんです。

 

この勉強法の欠点は、「出題頻度が高い英熟語と、低い英熟語を同じ比重で暗記しなければいけない」点。

本来は出題頻度が高い英熟語からしっかりと固めて、出題頻度が低い英熟語は、入試まで少しずつ追加していくという勉強法が理想ですよね。

ですから受験する年の夏までに基礎・基本の英単語を固めて、さらに英熟語の追加が必要であれば、解体英熟語に取り組んでください。

「速読英熟語」や「英熟語ターゲット」など、書店で中身を見て、勉強しやすいと感じたものを選ぶと良いでしょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

解体英熟語はMARCHまでは不要?

解体英熟語は早慶や東大・京大など、英語がかなり難しい大学に向けて、2冊目の英熟語帳として取り組むのがおすすめです。

MARCHレベルの大学であれば、速読英熟語や英熟語ターゲットなどで、頻出の英熟語をガッチリと固めれば、十分に合格点を確保することができます。

逆に基礎・基本の英熟語がうろ覚えの状態では、難しい英熟語を追加したとしても、合格点を取ることはできません。

基礎・基本の英熟語をガッチリと固めたうえで、余力があれば解体英熟語で難しい英熟語を追加していってください。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

ビンテージ英語のレベルと、いつからやるか。ノートの使い方を伝授

NextStageやスクランブル、アップグレードなどと同じ形式の、英文法の総合問題集として有名なVintage。

英文法だけでなく語法やイディオム、会話表現なんかも演習できるようになっています。

英文法の問題集は種類が多すぎて、「どれくらいのレベルですか?」というご質問が、本当によく届きます。

そして「いつからやるべきですか?」「使い方が分かりません・・・」といったご相談もとても多いです。

そこで講師歴10年以上の私が、「Vintageのレベル」「いつから取り組むべきか」「ノートを活用した使い方」の3点を、詳しく解説していきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

ヴィンテージのレベル

ビンテージは数多くある英文法の問題集の中でも、難易度は高い部類に入ります。

スクランブルと同じくらいの難易度で、NextStageやパワーステージよりもワンランク高いです。

偏差値が50後半から60前半になってから取り組んだ方が、効果的な演習ができるでしょう。

1冊目の英文法の問題集として、英語が苦手な人でもヴィンテージに取り組んでいるケースをよく見かけますが、あまりお勧めできません。

この手の問題集は解説があまり詳しくないですから、解説を読んでも分からず、挫折してしまう人が多いですからね。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

ビンテージはいつからやる?

取り組む時期としては、受験する年の夏ごろが丁度良いと思います。

難易度が比較的高い問題集なので、それまでは徹底的に基礎固めに取り組みましょう。

ビンテージよりも易しい問題集として、Engage(エンゲージ)も出版されています。

こちらは1冊目の英文法の問題集としてとてもおすすめなので、まずはこちらを固めていき、受験する年の夏にビンテージで総仕上げという流れをお勧めします。

早く難しい問題集に取り組んだからと言って、それだけで有利になるわけではありません。

夏ごろにVintageに取り組んでも時期としては十分間に合いますし、それまでに基礎を固められているかどうか、こちらの方がずっと大切です。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

ビンテージの使い方はノートがカギ

ヴィンテージを勉強する際に大切なのは、「ミスをした問題に印をつける」こと。

1000問以上の問題数がありますから、全ての問題を完ぺきにミスなく解けるようにするためには、ミスをした問題にチェックをつけて、何回も解きなおさなければいけません。

そして「なぜミスをしてしまったのか」を分析して、この部分をノートに書き出していきましょう。

重要な知識や単語などがあれば、それらもまとめていき、暗記してください。

 

これから入試に向けて英文法の問題を解いて、ミスをした問題があったら、どんどんこのノートに追加していきましょう。

入試まで1題でも多くの問題を解き、ミスした問題を復習し、新たな知識を吸収することで、対応できる範囲がどんどん広がっていきます。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

英熟語帳はいらないって噂を検証。いつから必要になる?

大学入試に向けて勉強をするとなると、英単語や英文法の勉強が必要なことはわかりますよね。

ただ英熟語(イディオム)って、ちょっと重要度が下がりますから、「捨てちゃっても大丈夫かな?」なんて考えることもあると思います。

学校で英単語は絶対に覚えさせられますけど、英熟語はあまりテストに出てこないというケースもありますからね。

私は10年以上も、ずっと大学入試の英語を研究し続けているので、「大学入試において英熟語が必要かどうか」について、自信をもって回答することができます。

「大学入試における英熟語の必要性」「いつから取り組むべきなのか」について、詳しく解説していきます。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

大学入試における英熟語の必要性

大学入試では英文法の問題と絡める形式や、空所補充型の問題、語彙の意味を問う問題など、英熟語が得点に直接結びつくケースが本当に多いです。

難関大学ではもちろんですが、一般的な私立大学であっても、国公立大学の二次試験であっても、英熟語が全く出題されないケースはかなり少ないです。

覚えていれば回答できる問題なのに、落としてしまうのはすごくもったいないですよね。

 

また当然ですが、英熟語は英語長文の中でも登場してきます。

ある程度は推測をすることも可能ですが、難易度が上がるにつれて推測も限界が出てきて、知識を多く持っている人の方が、有利に読解することができます。

難しい長文になればなるほど、知らない語彙がどんどん登場してきますから、知識が少ないと推測できませんからね。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英熟語の勉強はマスト?

英熟語を特別に勉強することなく、難関大学に合格した人は確かに存在します。

ですから「英熟語を勉強しなければ、志望校に合格できない」と言い切ることはできません。

しかし大学入試において、英熟語が重要であることはまず間違いないです。

英単語や英文法を勉強しないという選択肢はありませんが、英熟語も同じだと私は考えています。

 

私は早稲田大学に合格するために、英熟語帳は3冊取り組みました。

中学英熟語、受験の英熟語、そして早稲田向けの応用的な英熟語です。

それくらい勉強してやっと早稲田大学に手が届いたわけで、難関大学を目指すのであればまず避けて通ることはできません。

そして中堅私立大学などを目指す人であっても、得点は1点でも多く取りたいですから、英熟語はしっかりと勉強することをオススメします。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英熟語はいつから勉強する?

英熟語に関しては、大学入試に向けて勉強を進めるその日から、覚えていくのが良いと思います。

暗記物は長く期間を設けて勉強していった方が、自然と長期記憶に定着していくからです。

1か月など短期間で一気に覚えるよりも、1年かけて覚えた方が、忘れにくいのは当然ですよね。

あえて英熟語を後回しにするメリットがないですから、英単語や英文法と並行で、英熟語も早い時期から覚えていくと良いでしょう。

英熟語を後回しにしている受験生をよく見てきましたが、受験が近づくにつれて、スケジュールも圧迫感が出てきますから、結局は入試までに熟語の暗記が間に合わなかった人がとても多かったです。

余裕をもって勉強に取り組めるよう、早い時期から英熟語の暗記に取り掛かってください。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

大岩のいちばんはじめの英文法はいつまでに終えて次は?レベル・偏差値も解説

「大岩のいちばんはじめの英文法」は長い間、受験生から愛用されている参考書。

私が受験生の時もこの参考書を使って、英文法の基礎を理解していきました。

解説がとても詳しくて、予備校の授業のような感じで解説してくれるので、分かりやすいんですよね。

「超基礎文法編」と「英語長文編」に分かれていて、超基礎文法編は文法の解説、英語長文編は文法を読解に活かす方法を解説してくれます。

ここでは「大岩のいちばんはじめの英文法のレベル」「いつまでにやるべきか」、そして「終わったら次は何に取り組むべきか」を詳しく解説していきます。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

大岩のいちばんはじめの英文法のレベル

大岩の一番はじめの英文法は、中学中級~高校基礎レベル

かなり易しい大学入試の基礎となる部分を、丁寧に解説してくれます。

大学入試に向けて英文法を勉強する際、最初の1冊として取り組むと良いでしょう。

大岩のいちばんはじめの英文法が難しいようであれば、中学生向けの参考書に取り組んでください。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

大岩のいちばんはじめの英文法はいつまでにやる?

遅くとも受験する年に入るまでには、取り組んでおきたいですね。

受験に向けて最低でも1年は本格的に勉強に取り組みたいので、それまでに土台は固めたいところ。

学校の定期テストにも活きる内容ですから、早めに勉強しておいて損はありません。

取り組み開始時期がそれより後になってしまった場合は、1日も早く終えられるように勉強を進めてください。

問題集や英語長文の勉強、過去問演習なども必要になりますから、余裕をもって勉強に取り組みましょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

大岩のいちばんはじめの英文法の次

「大岩の一番はじめの英文法【超基礎文法編】」が終わったら、易しい問題集に取り組みましょう。

Engageやアップグレード、ブライトステージといった問題集は、初中級者向けなのでおすすめです。

これらの問題集に取り組みつつ、もう1ランク上の講義形式の参考書で、さらに難しい文法の知識を学んでいきましょう。

「深めて解ける英文法INPUT」や「英文法の核」なんかが有名ですね。

問題集と参考書の両方に取り組んでいくことで、実践的な得点力の向上に加え、文法の理解度が上がっていきます。

 

英文法を深く勉強しつつ、必要であれば「大岩のいちばんはじめの英文法【英語長文編】」に進みましょう。

学んだ英文法を活かして、英語長文へ進む際に効果的な参考書です。

ただこちらは必ずしも取り組まなければいけないわけではなく、英語長文が理解できればまずはOKです。

「英語長文レベル別問題集1~4」、「英語長文ハイパートレーニング1」などは易しく、大岩氏の参考書を終えた次に取り組む参考書としてとてもおすすめ。

まずは基礎的な参考書から徐々にレベルを上げて、難しい英語長文も読み解けるようになるまで頑張りましょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

総合英語be 3rd editionのレベルは〇〇大学。最強の使い方を伝授

総合英語be 3rd editionは学校で配られることもある、分厚い英文法の参考書。

エバーグリーンやForest、ブレイクスルー総合英語などと同じ形式ですが、それらと比べるとちょっとマイナーですよね。

とにかく詳しく英文法の内容がギッシリ詰まってて、持ち運ぶのがちょっと大変なくらい。

表紙はちょっと堅い感じなんですが、中身はカラフルでイラストも豊富で、分かりやすいです!

そんな総合英語Beがどれくらいのレベルなのか、どうやって勉強を進めていけば良いか、迷ってしまう人もいると思います。

指導歴10年以上の私が、「総合英語Beのレベルと最強の使い方」詳しく解説していきます!

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

総合英語Beのレべル

総合英語Beは英文法を幅広く扱っている参考書なので、初級者から上級者まで取り組むことができます。

英文法の細かな知識まで記載されているので、東大や京大、早稲田・慶應といった難関大学の文法問題で、正答率が低い問題にも対応できる可能性が出てくるでしょう。

一方でどの項目も詳しく分かりやすく解説してくれていますから、英文法が苦手な人であっても、理解して取り組むことができるはずです。

あまりに理解ができないようであれば、中学生レベルの英文法をまずはしっかりと勉強してから、総合英語Beを本格的に使っていくと良いでしょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

総合英語Beの最強の使い方

総合英語Beはかなり分厚いので、1ページ目から丁寧に勉強していくのはおすすめしません!

私が受験生の時はForestに取り組んだことがありますが、分厚すぎて途中で挫折しました笑

情報量が多すぎて覚えきれるわけがないですし、勉強が嫌いになってしまう可能性もあると思います。

 

取り組み方としておすすめなのは、「勉強のおとも」として、常に机に置いておくこと。

英文法を勉強していて分からないことがあったときや、学校や予備校の授業で悩んだとき。

そんなときに総合英語Beを開いて、自分が分からない部分を深く理解していくんです。

分からない部分だけをピンポイントで勉強していくので、ボリュームが多くても問題なく、むしろ深く学べるのでとても効果的。

 

英文法で分からないことがあったとき、うやむやにして終わらせてしまうことがあると思います。

それが1回だったらセーフかもしれませんが、入試本番までに何回も繰り返していると、穴だらけの知識になってしまいます。

「分からないことがあったら、総合英語Beに頼る」というクセをつけておくことで、入試までに自分の弱点を徹底的に補強することができます。

細かい部分まで詳しく記載されていますから、入試の得点につながるケースも多いです。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

英単語ターゲット1900/1400/1200。レベルと偏差値の目安

大学入試向けの超有名な英単語帳、英単語ターゲット。

超オーソドックスな英単語帳で、クセが無く使いやすく、たくさんの人に愛用されているので安心して取り組めるでしょう。

1900と1400、そして1200と3つのレベルに分かれていて、どれを使うか迷ってしまう人も多いでしょう。

それぞれの英単語帳がどれくらいのレベルで、どれくらいの偏差値の人におすすめなのか。

そしてどれくらいの偏差値まで狙えるのか、詳しく解説していきます。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英単語ターゲット1200のレベルと偏差値

英単語ターゲット1200はターゲットの中で最も易しく、基礎レベルの英単語が収録されています。

共通テストで高得点を取るには単語数が足りませんが、理解できる単語もかなり増えてくるでしょう。

また日東駒専レベルの大学であれば、ある程度は得点も稼げるようになります。

偏差値は40前後から取り組むことができ、偏差値50くらいまでは伸ばせる可能性を秘めています。

高校受験レベルの英単語から危うい人は、中学英単語ターゲットから取り組みましょう。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英単語ターゲット1400のレベルと偏差値

英単語ターゲット1400は中間のレベルで、共通テストや日東駒専レベルの英単語が収録されています。

共通テストや日東駒専レベルであれば、8割ほど狙えるだけの英単語力を身につけられるでしょう。

MARCHレベルの大学であっても、理解できる英単語がかなり増えてきます。

偏差値は50前後から取り組むことができ、偏差値60くらいまでは伸ばせる可能性を秘めています。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

英単語ターゲット1900のレベルと偏差値

英単語ターゲット1900はターゲットの中で最も難しいレベルで、MARCHや早慶、東大・京大レベル

最も人気が高い1900ですが、収録されている英単語のレベルはかなり高いです。

偏差値が60を超えてから取り組むようにしていかないと、基礎単語が抜けた状態で、難しい単語を追加するだけになってしまいます。

偏差値でいえば65ほどを狙えるようになり、英単語力にも自信を持てるようになるでしょう。

 

一方で大学入試の最難関の英単語は、収録されていないものもあり、早慶や東大・京大で高得点を目指す人は、もう1冊英単語帳を追加するのも良いでしょう。

速読英単語上級編は、最難関単語だけを追加できるので、最後の一押しとして効果的です。

私の英語の偏差値が1か月で43から70に爆上がりしたワザはこちら

 

ターゲットのレベル選びで迷ったら

英単語ターゲットのレベル選びで、どれを選ぶか迷ったら、1200からスタートしてください。

もし覚えている単語が大半であれば、覚えられていない単語だけをピックアップして暗記すれば、すぐに次のレベルに進めますからね。

一方で基礎単語が抜けている状態で難しい単語だけを追加しても、成績が伸びていきませんから、遠回りの勉強になってしまいます。

易しいレベルの英単語帳に取り組んで、損することは絶対にないですから、抜けている単語を完ぺきに固めて、上のレベルへと進むようにしてください。

入門英文解釈の技術70のレベルは〇〇大学。「本当の」使い方を伝授

大学入試に向けて英語の勉強を進めていき、少しずつ成績が伸びていった頃に、「英文解釈の技術シリーズ」に出会う人が多いです。

というのも単語や文法などのように、「誰がどう考えても必要な勉強」という認識を持つ人が少ないので、英文解釈の必要性に気付くのは、それなりに勉強が進んでからなんですね。

英文解釈の技術シリーズは、「英文1文1文を正確に読む」ことを学べるので、英語長文の読解に大きく結びつきます。

その英文解釈の技術シリーズの中でも、多くの人が取り組む「入門英文解釈の技術70」について、詳しく解説していきます。

「入門英文解釈の技術70のレベル」「偏差値を伸ばすための使い方」について、お伝えしていきます。

早慶や国公立の難しい英語長文を、1か月でスラスラ読むワザはこちら

 

入門英文解釈の技術70のレベル

入門英文解釈の技術70は、超入門英文解釈の技術60よりも1ランク難しい参考書。

難易度は基礎~共通テストや日東駒専レベルで、大学入試の英文を読む土台をガッチリと固められます。

多くの人がこの「基礎的な読解」の部分を抜かして、MARCHや早慶、国公立大学などの難しい英語長文の読解に入ってしまいます。

私が現役の受験生で日東駒専に落ちてしまった際も、読解の基礎を固めずにMARCHやセンター試験の長文ばかり解いていたのが原因でした。

浪人をしてから読解の基礎の基礎から固めて、まずは高校入試レベルの長文から読めるようにして、最終的に早稲田大学に合格することができました。

「読解の基礎を固める」ことが本当に大事ですから、入門英文解釈の技術70に取り組むことをオススメします。

むしろ超入門英文解釈の技術60からスタートしていただいた方が、より着実に読解力を伸ばせるでしょう。

早慶や国公立の難しい英語長文を、1か月でスラスラ読むワザはこちら

 

入門英文解釈の技術70の使い方

まずはノートに、例題の訳を書き出していきましょう。

頭の中で訳を思い浮かべるだけでは不十分で、しっかりと訳を書いて、より実践的な演習をしてください。

訳を書き出したら英文にSVOCと修飾部まで含め、全ての構文を書き込んでいきましょう。

「英文を正確に読む」ことは、文構造を読み取ることが必要不可欠であり、構文の理解度を上げていくトレーニングが大切です。

ほとんどの人がここまでやりこまずに、何となく訳して、何となく解説を読んで終わりにしてしまいますが、これでは取り組んだ意味がありません。

 

演習を終えたら解説をじっくり読み、自分の訳や構文を修正していきましょう。

「なぜここをミスしてしまって、次からはどうすれば良いか」まで分析して、参考書やノートに書き込んでください。

次回から初見で英文を読むときに、学んだことを活かせるようにしなければいけません。

1題1題、ここまでやりこんだうえで、最後まで取り組めば、入門英文解釈の技術70は卒業です。

同じく共通テストや日東駒専レベルの英語長文の問題集に取り組んで、1文1文の精読を、英語長文へと発展させていきましょう。

早慶や国公立の難しい英語長文を、1か月でスラスラ読むワザはこちら